外貨預金をFXで代替する方法 ~外貨預金は手数料面でFXより圧倒的に高いのでご注意~

証券会社の外貨預金を使わずFXで外貨預金と同様に利息収入を得る方法を紹介します。

概要

ご存知の通り、日本の預金金利は0.1%と超低金利国になっています。一方、海外では国の情勢や政策によって金利が高い国が存在します。中には10%を超える国もあり、使わない余剰預金があるのであれば外貨預金をする方が賢い投資だといえます。

しかしながら、一般の証券会社や銀行の外貨預金はお勧めできません。調べてみればわかるかと思いますが、外貨預金は手数料が1〜2%ほどかかります。また、外貨の普通預金は利率が低く、10%以上ある国の利率であっても3%前後と低く設定してあります。証券会社や銀行はこの利率の差額も手数料として利益を得ているというわけなんです。一方、定期預金であれば8%の利率を得れるものもありますが、定期預金であれば満期が到来すれば引き出さなければならず、更新にはまた手数料がかかります。また、満期前に解約すれば利率を下げられる可能性があります。

さらに、外貨預金は営業時間内でなければ取引ができない点や定期預金のように即時に引き出すことができないため、為替の変動による利益を得るタイミングを逸してしまう可能性があります。

これに対してFXは手数料がかなり安くなっています。外貨預金は投資する資金に対して手数料がかけられる(つまり、金額が大きくなればなるほど手数料も大きくなる)のに対して、FXは1回○○円と金額に関係なく、取引の回数によって手数料が発生するようになっています。しかも、スプレッド(手数料)は1回1銭前後となっており、外貨預金よりもFXの方が何百倍、何千倍も手数料が安くなっています。

FXがこれだけ手数料が安い理由としてはFXはデイトレードで何度も取引をすることが想定されることから、1回当たりの手数料を安くしても利益を得ることができることによるものと考えられます。(安くしなければ1日に何度も取引がなされない。)

また、FXはハイリスクな商品というイメージがあるかと思います。確かにFXのような証拠金取引は口座に預けている証拠金の数十倍の取引をすることができます。(レバレッジをかけれる)ですが、レバレッジをかけずに取引をすることももちろん可能です。すなわち10万円を預けて10万円分のFXをすれば通貨がデフォルトしない限り、利息収入を得続けることができます。

FXはいつでも決済が可能ですし、24時間取引することが可能です。金利収入を得ながら為替が大きく変動し利益が出た時は決済して大儲けすることも可能です。外貨預金ではそのような迅速で柔軟に取引をすることはできませんが、FXであればクリックひとつで可能です。

さらに、FXは金利収入(スワップポイント)も高くなっています。FX会社ごとにスワップポイントの金額は異なりますが(手数料の違い)、高い会社であれば年利10%前後で利息を受け取ることが可能です。また、FXは毎日金利が振り込まれますので金利が増えているのを実感することができます。

以上の点から営業マンの口車等には乗らず、外貨預金ではなくFXを選択することをおすすめします。

必要資金

FXによっては最低取引単位が10,000単位からの業者もあるため、その場合は例えば1ドル100円だった場合、レバレッジをかけないためには100万円程度資金を用意する必要があります。ですが、SBI FXトレードでは最低取引単位が1単位から可能ですので極端な話100円からでも取引をすることが可能です。

もっとも、利息収入を得ようと考えているのであれば数百万円余裕があると理想です。元手が多ければ利息収入だけで生活することも可能でしょう。

利益金額

各国の情勢にもよりますが、金利の高い国の通貨で年利5%~10%のスワップ収入を得ることが可能です。

リスク

考えられるリスクは以下の通りです。

①通貨がデフォルトしてしまうリスク

②急激な為替の変動によりロスカットしてしまうリスク

③FX業者がつぶれてしまうリスク

リスク対応コメント

①これは外貨預金についても同じリスクです。むしろ外貨預金が時間外に取引できないのに対してFXは24時間取引できますので、万が一投資通貨がデフォルトしそうになれば前兆の段階で損切りすることが可能なはずです。

②レバレッジをかけなければ原則そのようなことは起きません。

③FXは信託保証が義務付けられていますので仮にFX業者が破たんしても資金は保全されています。一方、外貨預金の預金先にはそのような制度がありませんので外貨預金のほうがリスクが高いと考えられます。

FX外貨預金投資 手順

では、手順です。

まず、利率の高い国を調べてきました。(2014年4月現在)

  • ブラジル・レアル:11%(7%〜11%)
  • トルコ・リラ:10%(5%〜15%)
  • 南アフリカ・ランド:5.5%(5%~12%)
  • 豪ドル:2.5%(3%~7%)
  • NZドル:3%(2%~8%)

主に以上の国が利率が高く金利収入を目当てにする投資家に人気の通貨です。以上は政策金利の推移ですのであくまで目安になります。

最も高いブラジルのレアルやトルコのリラはFXで取り扱っている業者が少なく、また取り扱っていたとしても期待ほどスワップポイントが高くないようです。(手数料が高い)

現在ではスワップ収入が最も大きい通貨は南アフリカランドのようです。「南アフリカランド(ZAR)に投資してローリスクで金利収入を得る方法」でも取り上げています。

2014年5月現在では10,000通貨単位当たりの1ヶ月のスワップポイント目安は以下の通りとなっています。

ブラジル・レアルトルコ・リラ南アフリカ・ランド豪・ドルNZ・ドル
データなし50円~100円80円~140円50円~80円50円~80円

スワップポイントは国の政策等により変動しますが、現在のところは南アフリカランドが最も高いようです。国の情勢が不安定ですので比較的安全な豪ドルやNZドルも人気のようですね。

さて、手順です。

手順①:SBI FXトレードでFX口座を開設する。

手順②:低レバレッジで通貨に投資して放置する。(大きな為替差益が出た時は決済もあり)

SBI FXトレードはスワップポイントが他のFX業者と比べると非常に高いという点と、1通貨単位から取引ができるため少額取引も可能という点からおすすめします。また、スプレッドも狭く、コストを最小に抑えることができるはずです。

SBI FXトレードはランド130円、豪ドル71円、NZドル71円と高レートをキープしています。

✔基本的には長期保有ですが、為替差益が大きく出た場合は決済し、他の投資に回すというのもおすすめです。

以上、あくまで一般的な方法を解説しただけであり、投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*