ニュージーランドドル円のFXで高金利収入生活を得る方法【NZドルのスワップが最も高いFX会社とは】

ニュージーランドドル/円のFXは現在の政策金利では年間3~4%の金利(スワップ)を得ることができます。政策金利の高いニュージーランドドルに投資し、堅実に金利収入を得る方法を紹介しています

NZドルのFXで高金利収入を得る方法 概要

日本の政策金利はゼロ金利政策により普通預金の利率は0.1%程度と超低金利国になっています。一方、海外では政策により金利を高く設定している国が多く存在します。

各国の政策金利を比較してみましょう。

ブラジルレアル:11%
トルコリラ:8.25%
インドルピー:8%
ロシアルーブル:7.5%
中国元:6%
南アフリカランド:5.75%
ニュージーランド:3%
オーストラリア:2.5%
アメリカ:0.25%
日本:0.1%

ブラジルレアル等、中には金利が10%を超える国も存在します。

金利が高いということはそれだけリスクが高いとも考えられます。ニュージーランドは国内情勢も比較的安定していてかつ、金利の高い国であると言えます。

但し、外貨預金は利率も低く、手数料も高く元本割れしてしまうような危険な商品なのでお勧めできません。

以下、FXと手数料・金利比較を見てください。

会社名手数料・スプレッド金利・スワップ
楽天銀行外貨預金45銭1%
SBI FXトレード1.79銭~3.77銭88円(約3.5%)

外貨預金の手数料は片道45銭であるのに対してFXは1.79銭~となっており、30倍ほどの差があります。また外貨預金は金利も1%とかなり安く設定しています。NZドルが現在80円程度ですので45銭ということは預けて決済までの往復を考えると1%も手数料がかかってしまうことになります。金利が1%なのに1%も手数料がかかってしまえば、元本割れしてしまいます。

一方、FXはかなり手数料が安く設定されています。これはデイトレードのように何度も取引することが想定されるため手数料を格安に設定しても利益を出すことができるという仕組みがあります。金利も高く設定されていますので外貨預金よりもかなり得です。

参考:証券会社が提供している外貨預金には手を出すな【手数料・利率の面でFXに劣る】

【外貨預金とFXの比較ポイント】

  • FXのほうが圧倒的に手数料が安い
  • FXのほうが金利が高い
  • FXは24時間いつでも取引ができ、為替差益を得るチャンスを逃さない
  • 外貨定期預金の場合は満期まで決済できず、満期が来れば問答無用で決済されるため為替差益を得るチャンスを逃す

FXもレバレッジをかけなければリスクは低い

FXはハイリスクな投資であるというイメージが強いかと思いますが、それは自己資金の25倍まで取引ができるという点に着目した話になります。もちろん、1倍の取引もできますのでリスクを低く抑えることができます。

FXのレバレッジを1倍にすれば外貨預金よりもリスクを低くすることができます。

外貨預金よりもリスクを抑えることができるというのは、上記にある通り、外貨預金であれば適時に決済や再投資をすることができませんが、FXであれば24時間いつでもネットで取引をすることができるからです。

さて、FX口座を使った場合のNZドルの運用利回りですが、SBI FXトレードでは10,000通貨単位で1日約80円程度のスワップ収入が入りますので、年間で3~4%程度の利回りが期待できます。
(レバレッジをかければ更に高い利回りを得ることができますが、当然リスクも上がります。)

必要資金

では、ニュージーランドドル投資の必要式についてです。

FX会社は通常10,000通貨単位からしか取引ができません。すなわち、1ドル80円とすると800,000円からの取引になります。

ですが、FX会社の中にはSBI FXトレードのように1通貨(約80円/NZドル)単位から取引をすることが出来る会社もあります。

NZドルが現在80円程度ですのでレバレッジをかけないとしても80円あればFXを始めることができます。SBI FXトレードは口座開設特典で500円入金されますので、いわば無料でFXを始めることもできてしまいます。とはいえ、数百円では利息もほとんど発生しません。運用したい余裕資金をできるだけ投資するようにしましょう。

必要最低限の資金:約80円
理想投資資金:100万円以上

利益金額 

現在、1万通貨単位あたりのNZドル/円のスワップポイント(金利差収入)は以下のようになっています。(2015年1月)

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード88円1.79銭~3.77銭1
ライブスター証券88円3.6銭10,000
JFX79円1.5銭1,000
DMM FX77円1.5銭10,000
LION FX78円1.5銭1,000
Forex.com72円3.0銭~1,000
外為ジャパン77円1.5銭1,000
外為オンライン75円6.0銭1,000
(数値は日々変動する可能性があります。)

スワップポイントが高いFX会社では1日88円のスワップ収入を得ることができます。NZドルが現在約80円ですので1万通貨あたりのスワップが1日88円と考えると、88円×365日=32,120円となります。1万通貨は約80万円分の豪ドルを保有することになりますので利回りは32,120円÷800,0000円で約4%の金利収入を得ることができます。

レバレッジをかければさらに利回りは上がりますがリスクも上がります。1倍〜2倍程度に抑えておくことがおすすめです。

リスク

ニュージーランドドル投資では以下のリスクが考えられます。

①ニュージーランドの国内情勢が急激に悪化し、通貨がデフォルトしてしまうリスク

②急激な為替変動により含み損が口座残高を超えてロスカット(強制決済)してしまうリスク

リスク対応コメント

①についてはかなりリスクが低いと思います。それは日本円がデフォルトするのと同じくらいのリスクでしょう。可能性はゼロではありませんが、投資するにあたり気にする必要はありません。

②レバレッジをかけてしまうとロスカットするリスクが高まってしまいます。できるだけレバレッジを抑えてリスクを低く取引するようにしましょう。

NZドル/円(NZD/JPY)におすすめのFX会社

改めてFX会社の比較表を見てみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード88円1.79銭~3.77銭1
ライブスター証券88円3.6銭10,000
JFX79円1.5銭1,000
DMM FX77円1.5銭10,000
LION FX78円1.5銭1,000
Forex.com72円3.0銭~1,000
外為ジャパン77円1.5銭1,000
外為オンライン75円6.0銭1,000
(数値は日々変動する可能性があります。)

スプレッド幅の狭さ、スワップの高さからSBI FXトレードがおすすめです。また、SBI FXトレードは1通貨単位から取引ができますので、リスクを低く少額から運用したい人にも適しています。

ニュージーランドドル投資 手順

では、ニュージーランドドル投資の具体的な手順を紹介します。

  1. SBI FXトレードで口座を開設します。
  2. 口座に必要資金を入金します。口座開設特典で500円が入金されていますので、500円分の取引であれば口座開設後すぐに始めることができます。理想としては100万円以上(10,000~100,000単位)投資して年間数万円~数十万円の金利収入を得ることをおすすめします。
  3. FX口座でNZドルを買います。できるだけNZドル安のときに買うといいでしょう。一気に買うのではなく、分割して投資して為替変動の様子を見ることがおすすめです。
  4. 放置することで日々金利が発生していきます。
  5. NZドル高になれば一部を決済して為替利益を得るのがおすすめです。また、NZドル安になってきたら買い増します。これを繰り返して金利+為替差益を得ていきます。

FX会社はNZドルのスワップ収入も高く、スプレッド幅も狭いSBI FXトレードがおすすめです。ライブスター証券もスワップポイントが高いのですが、10,000単位からしか取引ができないため、小刻みに決済したり、買い増しするのに適していません。

資産を増やすために一歩ずつ投資を始めていきましょう。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。

 >>NZドル円の高スワップ収入を得るならSBI FXトレード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*